スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2016の投稿を表示しています

日本初の自動運転車が発売された。日産セレナとトヨタの可能性

2015年の交通事故で一番多かったのは20歳代~40歳代の追突事故なのだそうだ。

日本者初の自動運転車は日産が発売するファァミリーカーの新型セレナだという。

自動運転の車でも居眠りしたり瞑想しながら運転したりできるわけではないようだ。

アメリカで発売された自動運転の車テスラでは死亡事故が起きている。

現在開発されている自動運転の車はハンドルに手を添えていなくてはならない運転補助と考えなくてはいけない。


メルセデスベンツEクラス価格は650万円ぐらいからの自動運転機能は車線変更など他社からずば抜けているといわれている。

狭い車庫入れなどは車から降りた状態でもスマートフォンから操作して簡単に車庫入れできるという。


新型セレナの発売が現行車のリコールで延期された。
信号待ちなどでエンジンを一時停止する機能にリコールが発表された。

新型車の自動運転機能とは関係ない部分なのだそうだが新型車の発売で購入を検討していたそうには影響があったと思われる。


トヨタは現行プリウスに自動運転装置をつけて研究しデータを収集している。


一般的に言う自動運転には4段階の定義があるのだそうだ。

アクセル・ブレーキ・ハンドルのどれか1つが自動制御になっているのがレベル1。

この内2つが自動制御になっているのがレベル2。

レベル3になると全て自動運転だが緊急時はドライバーが操作しなくてはいけない。

レベル4では緊急時を含めての全てが完全自動運転車となる。

セレナの自動運転レベルはレベル2、トヨタがプリウスで目指しているのはレベル3だそうだ。